MENU

馬油のスゴイ6つの特徴

不飽和脂肪酸がたっぷり!だから育毛に効くんです。

馬油を構成する成分のうち不飽和脂肪酸が約63%を占めます。
この不飽和脂肪酸が育毛にも関係しているのです。不飽和脂肪酸が不足すると、皮膚障害や発育不良、血行不良などを起こす恐れがあります。不飽和脂肪酸の不足は、抜け毛にも影響があるんです。しかも馬油は驚異の浸透力をもっています。すぐに浸透し皮膚が吸収するので、馬油を配合しているシャンプーを使うと、抜け毛にもいいんです。

 

浸透力がいいんです

馬油自体は、すごいベトベトしてますが、お肌に塗るとサラッとします。人間の皮脂と構造が似た成分なのですぐに皮膚の隙間に染み込んでいきます。

 

鎮炎症効果、熱も取ってくれる!

その昔、馬油はよくヤケドの治療に使われてきました。馬油には、鎮炎症、熱をとる効果があるからです。

 

抗酸化作用と殺菌作用

馬油は皮膚に塗ると、すぐに広がり浸透するので、皮膚に薄い膜を作ります。
膜ができると、菌も皮膚には入り込めませんし、馬油の浸透によって皮膚内の空気を追い出します!

 

保湿・保温・血液の流れを促進!

馬油を皮膚に塗るとすぐに広がり膜を作りますが、この膜と広がりが人間の皮膚に対して保湿・保温の働きをします。
それにより、血液の流れもよくなっていくのです。

 

食べれちゃうくらい、安全です。

馬肉って食べれますよね。そうなんです、そこには馬油も含まれていますので、馬油は食べれるくらい安全で、副作用がまったくありません。

 

 

ボタン

 

ボタン

このページの先頭へ